• ECサイト構築

Shopifyでのドロップシッピングの作り方は?おすすめのアプリとサイトを紹介

「ECサイトを運営したいけれどが、商品の仕入れ方法に悩んでいる」「商品を仕入れして売り切れず、在庫を抱えなくてはならないのは心配」「商品を置いておくスペースがなく商品点数を増やせないことが悩み」

ECサイトを運営したいと考えたとき、まず悩むのは、このように商品の仕入れではないでしょうか?在庫を抱える不安や、商品の仕入れがうまくいかなかったらという不安は尽きません。

商品の在庫を抱えることが不安で、商品の仕入れ点数を増やせない方にぴったりなのが、「ドロップシッピング」です。ドロップシッピングは、商品を卸売業者から仕入れることは一般的な商売と変わりませんが、ユーザーが商品を購入すると商品は卸売業者より直接発送されます。

商品の仕入れ代金は、ユーザーが商品を購入した分だけの支払いで済みます。かつ、配送も卸売業者が行ってくれるため、必要なコストも削減できることが魅力です。

今回は、ドロップシッピングの仕組みとメリットデメリット、Shopifyでドロップシッピングを始めるために導入すべきおすすめのサイトを紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

公開:
2022年10月14日
更新:
2023年01月27日

COLUMN INDEX

ドロップシッピングとは

ドロップシッピング仕組み

ドロップシッピングは、卸売業者のサイトから商品を選択して自社のECサイトで販売を行い、ユーザーが商品を購入してから商品の仕入れ代金を卸売業者に支払う仕組みです。

ユーザーが商品を購入すると、卸売業者からユーザーに商品の配送が行われます。商品を事前に仕入れたり、在庫管理や配送といった手間のかかる物流業務も併せて代行して対応したりしてくれます。

ECサイトを運営するにあたって、ブランディングやマーケティングといったお客様対応に注力できるため、小規模・少人数でECサイトを運営するのに適したサービスといえるでしょう。

ドロップシッピングのメリット

ドロップシッピングは、メリットが多いことも事実です。

ECサイトを運営するには、さまざまな課題の解決が求められます。ECサイトを運営していくうえでの課題の一つに、商品そのものや物流に関する課題もあります。

ユーザーに興味関心を持ってもらえるような商品のラインナップを揃えているのか、商品購入後の配送手続きが速やかに行われているのかは、ECサイトを運営する上で常に課題として挙げられるでしょう。

ドロップシッピングを導入するメリットは、商品の仕入れを事前に行う必要がないため、低コストでECサイトを始められることや、世界中に向けて販売できること、在庫管理が不要であることがあります。それぞれについて詳しく解説しましょう。

少ないコストで始められる

通常のECサイトを運営するためには、商品を事前に仕入れて販売をしなくてはならず、仕入れ代金がかさむことが課題の一つです。

ドロップシッピングのメリットは、ユーザーが商品を購入してから、商品の仕入れ代金を支払うため、少ないコストで開始できることはメリットだといえるでしょう。

世界各国に販売できる

ドロップシッピングは、海外を拠点にしたサービスが多く、販売拠点を広げられることもメリットといえます。

ドロップシッピングに対応しているアプリは、世界各国に発送が可能な物流システムや倉庫管理システムを持っているため、世界各国に販売できます。

在庫を抱えなくて済む

ドロップシッピングのメリットとして、在庫を抱えなくて済むことも挙げられます。

運営するECサイトの規模が大きくなるほど、商品の仕入れ点数が増えてしまい、在庫を抱えるリスクが生じます。ドロップシッピングを利用すると、商品の保管と配送はすべて卸売業者が賄ってくれるため、在庫を抱えなくて済みます。

ドロップシッピングのデメリット

ドロップシッピングには、メリットだけでなくデメリットもあります。卸売業者のサイトより商品を選んで販売しますが、商品の販売が突然終了してしまうこともあるのです。

自社で仕入れて在庫を管理しているわけでないため在庫状況は流動的であり、商品の販売は卸売業者の手に委ねられるのです。ドロップシッピングを利用すると、販売する商品が手元にない状態でECサイトに商品を掲載することになります。

ただ、ユーザーが商品の内容で質問されることも想定され、商品が手元になく知識が不足している状態で対応してしまうと、ユーザーからクレームを受けたりトラブルになったりしてしまう可能性もあります。

ドロップシッピングを行うにあたっては、販売する商品は事前に1点でも購入しておくと良いでしょう。その他ドロップシッピングのデメリットとしては、次の2点が挙げられます。

  • 競合他社が多い

  • 集客にかなり手間がかかる

それぞれ解説していきましょう。

競合他社が多い

ドロップシッピングは、事前の仕入れ代金が不要で、在庫を抱えずにECサイトを運営できるため、リスクを最小に抑えられることから、多くの企業や個人で始める人が増えています。

競合他社が多くドロップシッピングに対応しているサイトも限られるため、同じ商品を販売することになり価格競争が起こる場合もあります。オリジナル商品を作成できるサービスなど複数のサービスを活用して、自社のECサイトのオリジナル性を保つことが大事です。

集客にかなり手間がかかる

卸売業者が扱う商品点数は多いものの、売れ筋商品や流行にちなんだ商品は均一化されがちです。

売れ筋商品を同じような価格で販売している競合他社がひしめき合う中でECサイトを運営していくため、商品代金や仕入れ代金は不要な分、集客には手間とコストをかける必要があります。

ドロップシッピングアプリには、自社でオリジナルのデザインを考え画像を送付すると、商品化してくれるサービスもあります。そういったものを活用し、自社オリジナル商品のラインナップを増やしていくことも大切です。

Shopify(ショッピファイ)のドロップシッピングでおすすめのアプリとサイト

ここまで、ドロップシッピングのメリットとデメリットについて解説しました。手軽に始められるドロップシッピングですが、集客するまでには時間がかかり、ECサイトの差別化が難しいというデメリットもあります。

Shopifyでドロップシッピングを行うには、卸売業者から商品を仕入れるパターンと、オリジナル商品を制作するパターンと2種類のアプリが用意されています。ここでは、それぞれおすすめのアプリを紹介しましょう。

Oberlo

Oberlo トップページ
画像引用元:Oberlo

Shopifyは、公式アプリとしてドロップシッピング用のアプリ「Oberlo」を提供しています。Oberlo(オベルロもしくはオーベルロ)の特徴は、商品ラインナップが数百万点と豊富なところです。

中国最大のEコマース企業といわれているアリババのショッピングサイト「AliExpress」の商品を、在庫を抱えずに販売できるのが最大のメリットだといえます。日本語対応しておらず、英語で手続きを行う必要がありますが、日本語に翻訳すると手続きはスムーズにできるでしょう。

注意が必要なのは、日本国内のドロップシッピングでは、日本語の発送先だと発送機能を使えない可能性があり、対応が必要になることです。

CONTRADO

CONTRADO トップページ
画像引用元:CONTRADO

CONTRADOは、自らデザインしたものをオリジナル商品として制作できるサービスです。商品のラインナップは450点以上あり、デザインの著作権も自分で持つことが可能です。

デザインする際に必要なツールは無料で利用できるため、デザインの初心者でもオリジナル作品を手軽に作成できます。販売価格は自分で設定可能で、公式サイトでは利益計算機が用意されており、販売価格を入力すると推定収益が算出できることも便利です。

Contradoはアプリのインストール自体は無料で、作成する商品により必要なコストが異なります。CONTRADでドロップシッピングを始める手順は次のとおりです。

  1. Shopifyにログインした状態で、Shopifyアプリサイトより「CONTRADO」を検索する

  2. アプリをインストールのボタンをクリックする

  3. Shopifyで作成したECサイトと、CONTRADOのデータを連携する

Contrado インストール画面

Shopifyのストア情報とCONTRADOのデータを連携するために、アプリのインストールボタンをクリックします。

CONTRADOの連携設定

アプリのインストールが終了すると、CONTRADOの連携設定に移行します。Sign inはすでにCONTRADOのアカウントを取得している人、Sign Upは新規にアカウントを取得する人の設定です。

CONTRADO ログイン画面

新規登録画面に進みます。

CONTRADO 新規登録画面

ECサイトの情報や請求先など必要項目の入力が完了すると、接続が完了します。CONTRADのドロップシッピングサービスはShopifyのみ連携可能なので、他のECサイトのプラットフォームを利用している方は利用できません。

オリジナル商品を1点から発注可能であり、熟練職人がハンドメイドで生産するため、魅力のある商品ができあがることでしょう。布プリントの製品に強みがあり、コットンやシルク、ポリエステルといった素材にプリントできます。

生地もさまざまな種類や用途別に選択できるため、布製品のオリジナル商品を作成したい場合は、CONTRADOが良いかもしれません。

TOP Seller

TOP Seller トップページ
画像引用元:TOP Seller

Top Sellerは、ECサイト専門の商品仕入れサイトで、約30万点の商品を取り扱っています。契約数が1,000店舗を超える、日本では大手のドロップシッピングサイトです。

楽天市場やYahoo!ショッピング、各ECサイトのプラットフォームにも対応しています。日本製のアプリなので、日本語対応が可能なのも安心できるポイントです。

料金プランは2パターンあります。

  • セレクトコース:商品の掲載数が限定されているショップ向け

  • 全商品コース:商品の掲載数が無制限で数万点掲載できるショップ(楽天やYahooなど)

それぞれの料金は次のとおりです。

TOP Sellerの各プランの料金表

セレクトコースの料金表はこちらです。

プラン
月額料金
概要
おためしプラン
永年0円
商品は5点まで選択可能
300点セレクトプラン
480円
商品は300点まで
1,000点セレクトプラン
980円
商品は1,000点まで
3,000点セレクトプラン
1,480円
商品は3,000点まで
5,000点セレクトプラン
2,480円
商品は5,000点まで
10,000点セレクトプラン
3,980円
商品は10,000点まで
20,000点セレクトプラン
4,980円
商品は20,000点まで

全商品コースの料金表はこちらです。

プラン
月額料金
概要
ミニマムプラン
1,980円
約6,139商品を扱える
スタンダードプラン
4,980円
約42,216商品を扱える
プレミアムプラン
24,800円
約189,983商品を扱える
プレミアム+特別配送プラン
27,800円
約369,426商品を扱える

TOP Sellerの商品を掲載するには

Top Sellerの商品をECサイトに掲載する手順は簡単です。

  1. Top Sellerの管理画面より掲載したい商品情報のCSVファイルをダウンロードする

  2. Shopifyで商品登録する際に、CSVファイルをインポートしてアップロードする

Top Sellerの管理画面ではShopifyとの直接連携機能の記載はありませんが、商品情報をCSVでダウンロード可能です。ShopifyではCSVファイルを用いて商品情報の登録もできます。

ユーザーが商品を購入した場合は、受注データをCSVでダウンロードして、TOP Sellerの管理画面にアップロードすると、Top Sellerに受注データが送付され、ユーザーに商品発送を行います。

Canvath

Canvath トップページ
画像引用元:Canvath

Canvathは、GMOペパボ株式会社が運営しており、オリジナルグッズが作れる販売サービスです。販売したい商品のイラストや写真をCanvathの管理画面にアップロードした後、販売したい商品(たとえばスマートフォンケースなど)を選択して価格を設定し販売します。

ユーザーから注文が入った段階で、Canvathに商品の発注を依頼してユーザーに商品を届けてもらいます。Shopifyのみならず各ECサイトのプラットフォームや、Amazonや楽天といった大型ショッピングモールにも対応可能です。

Canvathはオリジナル商品の販売ができることにメリットを感じた店舗が利用しており、導入店舗数は国内で3万店舗以上を超えています。作成できる商品も豊富で、在庫リスクを抱えることなく1個から発注できることも重要なポイントです。

ユーザーが商品を購入してから発送するまでの流れもスムーズで、ユーザーを待たせることなく発送できます。Canvathの料金プランはアプリのインストールと登録は無料ですが、作成する商品によって費用が異なります。作成できるオリジナルグッズは次のとおりです。

ジャンル
商品
販売価格
各種ケース
スマホケース
900円~
 
ミラーケース
1,460円〜
 
パスケース・カードケースなど
1,460円〜
アクセサリー
スマホリング
880円〜
 
ハート型スマホリング
960円〜
日用品
マグカップ
1,680円~
 
カップスリーブ
2,000円~
 
クッション
3,990円〜
 
ポーチ
2,970円~
 
メガネ拭き
830円~
 
ハンドタオル
1,400円
バッグ
トートバッグ
1,580円
 
保冷ランチトートバッグ
2,060円
 
タペストリー
2,730円〜
ファッション
Tシャツなど
2,080円〜
その他
塩ビパッケージ
100円~
 
台紙
90円~

参照元:Canvath BLOG 商品の販売価格や納期について

在庫を抱えることなく、自社のオリジナルグッズを作成できるため、費用を最小限に抑えてECサイトを運営できます。

Printful

Printful トップページ
画像引用元:Printful

Printfulは、アパレル商品やマグカップやクッションなどの日用品などの商品に、作成した画像データをプリントしてオリジナル商品を販売できる、海外のドロップシッピングサイトです。Printfulでオリジナル商品作成から発送までの大まかな手順は次のとおりです。

  • 作成したい商品の画像をPrintfulの管理画面にアップロードする

  • Printfulの管理画面で販売価格を設定する

  • ユーザーが商品を購入したら、Printfulから発送される

料金プランは無料プランと、Printful Plus、Printful Proの3種類あります。無料プランの機能は次のとおりです。

  • 421点の商品をカスタマイズできる

  • 28種類以上のECサイトと連携可能

  • 商品テンプレートを作成できる

  • デザイン作成ツールでデザインを作成できる

  • モックアップやデザインデータをダウンロード可能

  • 2400点以上のクリップアート画像を利用できる

参照元:Printful Pro(Printful)

有料版のPrintrul Plusを使用すると、無料プランの特典の他に、オリジナルの商品モックアップを作成でき、画像の背景を削除する機能が備わっています。

最上位プランのPrintrul Proを使用すると、限定ツールの利用や無料のデザイン素材とサービスの利用が可能です。さらに、アメリカやヨーロッパ圏内に発送する際は、業者を指定できる特典が付いています。それぞれの料金は次のとおりです。

料金プラン
月額料金
年額料金
無料プラン
無料
無料
Printful Plus
990円
10,890円
Printful Pro
5,200円
57,200円

参照元:Printful Pro(Printful)

Printfulで販売できる商品は次のとおりです。

  • Tシャツ

  • パーカー

  • ポスター

  • 帽子

  • 靴下

  • iPhoneケース

  • クッション

主にアパレル製品のオリジナルグッズを制作できます。

アメリカやヨーロッパ圏内では、倉庫やフルフィルメントのサービスも提供しています。Printfulは、アメリカやヨーロッパ圏内に向けて越境ECを始めるのに適したアプリといえるでしょう。

まとめ

ドロップシッピングを検討するにあたり、ドロップシッピングとは何か、メリットとデメリット、おすすめのアプリについて紹介しました。

ドロップシッピングは事前に仕入れるコストや在庫を抱えるリスクを軽減できるので、手軽にECサイトを始められるというメリットがあります。しかし、手軽に始められるからこそ競合他社が多く、ECサイトのオリジナル性を保ち、集客を高めていくためには時間がかかる可能性があります。

Shopifyにしか対応していないドロップシッピングのサイトもあり、公式サイトのアプリも取扱いできる商品点数の多さも他のサイトの比ではありません。オリジナル商品を作成できるドロップシッピングアプリも存在しています。

手軽にECサイトの運営を始めたいと考える方は、Shopifyで事前の商品仕入れが不要で在庫を抱えずに済むドロップシッピングを始めてみましょう。

参考サイト

人気記事

PICK UP

注目のキーワード

OUR SERVICE

サービス紹介

shopify partners

ShopifyスペシャリストによるECサイト構築からユーザー動向のリサーチ、
SNSを活用した露出・販促活動のバックアップまで、お客様と売れるECサイトに育てていきます。

  • ECサイト制作

    世界No.1のECプラットフォーム「Shopify」認定のパートナー企業が徹底サポート。

  • コンサルティング

    データを活用し、売上最大化のためのアクションが途切れない活発なショップへ。

  • 物流支援

    物流システム(WMS)・発送業務を得意とする倉庫の選定など、安心・安全な物流フローを 構築。

  • 広告運用・CS代行

    なかなかリソースを割けない広告運用やカスタマーサポートを支援し、ケアの行き届いたサ ービスを実現。

詳細を見る

CLIENT WORKS

事例紹介

抱える課題が違えば、適切なソリューションはそれぞれ異なります。
多くの企業様と様々なメディアの成長を見守ってきたノウハウが、私達の財産です。

株式会社イルムスジャパン 様

手がける幅広いブランドを1つのショップに集約し、購入導線を整備することでクロスセルの拡大を実現。

ECサイト

株式会社クラダシ 様

定期便購入ユーザーのマイページを独自にカスタマイズし、チャーンの低下やアップセル拡大を実現。

ECサイト

株式会社Beautydoors 様

ゆうこす氏のプロテイン定期販売ストア。HBの定期購買アプリを活用した継続的なマーケティングを実現。

ECサイト

事例一覧を見る

PACKAGE PLAN

料金プラン

  • ライトプラン

    PRICE

    ¥600,000~

    テンプレートを利用し、最小限の機能でスピーディーにECショップを構築いたします。

  • スタンダードプラン

    PRICE

    ¥1,200,000~

    テンプレートデザインのカスタマイズやSNS連携など、基本機能を網羅したプランです。

  • プロフェッショナルプラン

    PRICE

    ¥2,500,000~

    ユニークデザインでショップを構築し、機能選定の自由度も高い最上位のプランです。

各プランの詳細な対応・
サポート内容に関してはお問い合わせください。

CONTACT

資料請求・お問い合わせ

デジタルソリューションを導入したいが何から始めたら良いか分からない。
既存のメディアをもっと有効に活用し、成長させたい。
自社にリソースがなく、導入から運用までアウトソーシングしたい。

上記のようなお悩みレベルのご相談がある企業様、課題を探すところから
サポートが必要な企業様もぜひお気軽にお問い合わせください。