• お役立ち情報

Yahoo!(ヤフー)ショッピングの出店手順や審査は簡単?費用やメリット・デメリットも解説

大手ECモールとして知名度も高いYahoo!ショッピングへの出店は、法人だけでなく個人事業主でも簡単にできます。

今回はYahoo!ショッピングの出店手順や必要な費用を、わかりやすく解説していきますよ。

【この記事でわかること】

ただし、Yahoo!ショッピングの出店には審査が必要です。

Yahoo!ショッピングの出店審査を通すためにはいくつかポイントがあるので、これから挑戦したい方はあわせてチェックしておいてくださいね。

Yahoo!ショッピングに実際に出店した人の口コミやメリットデメリットも解説するのでぜひ参考にしながら、商品を販売してみましょう。

公開:
2022年11月25日
更新:
2023年01月17日

COLUMN INDEX

Yahoo!ショッピングへの出店とは

新生ヤフーショッピング
引用:Yahoo!ショッピング

「Yahoo!ショッピング(ヤフーショッピング)」は、ソフトバンクのグループ企業であるヤフー株式会社運営のECモールです。

ECモールとはたくさんのネットショップが出店し、商品を販売する通販サイトのことで、Yahoo!ショッピングも120万店舗以上が出店している日本有数のサービスです。

Yahoo!ショッピングの特徴を簡単に一覧表でまとめたので、まずは目を通しておきましょう。

サービス開始時期
1999年9月28日
出店数
約1,200,000店舗
※2022年時点
出店商品数
2億3000点
※2016年時点
利用者数見込み
月間8,600万人
※2022年時点
出店可能者
・法人
・個人事業主
出店初期費用
0円
販売費用
・ストアポイント原資負担
・キャンペーン原資負担
・アフィリエイトパートナー報酬原資
・アフィリエイト手数料

Yahoo!ショッピングは2022年10月にPayPayモールと合併し、デザインや検索機能などの大幅リニューアルを行うなど、注目され続けているサービスです。

Yahoo!ショッピングにネットショップを出店する際に知っておきたい特徴やメリットなどを、簡単に理解しておきましょう。

Yahoo!ショッピングは出店料が無料

ECモールにネットショップを出店したり、商品を出品する際には、基本的に出店料や手数料がかかります。

しかし、Yahoo!ショッピングはネットショップ出店にかかる初期費用が無料なので、他社のECモールに比べて費用を抑えて利用できますよ。

ヤフーショッピング手数料の違い
引用:Yahoo!ショッピング出店者ページ

ただし、Yahoo!ショッピングに出店し、商品が売れた際は販売手数料としていくつかの費用が発生します。

記事ではYahoo!ショッピング出店にかかる費用もくわしく解説しているので、あわせてご覧ください。

Yahoo!ショッピングへの出店は集客力の高さやサポートも魅力

Yahoo!ショッピングは日本最大級のポータルサイトであるYahoo!JAPANのサービスとして、検索トップページに表示されます。

引用:Yahoo!JAPANトップページ

ソフトバンクグループ傘下のLINEやPayPayからの集客を促すキャンペーンや企画も随時行われているので、大きな集客力が期待できますよ。

ヤフーショッピング - 集客力
引用:Yahoo!ショッピング出店者ページ

また、Yahoo!ショッピングでは電話やメールでスタッフに相談できたり、ストア構築や運営を手助けしてくれるサービスを紹介してくれたりと、サポートが充実しているのも出店がおすすめできるポイントです。

Yahoo!ショッピングに出店するメリットについては、のちほどさらにくわしく解説しているので気になった方はチェックしてくださいね。

Yahoo!ショッピングに出店する方法

Yahoo!ショッピングへの出店は、以下の5ステップで行えます。

  1. Yahoo!ショッピングへの出店に必要な情報や書類を準備する
  2. 出店の申込みをする
  3. 出店の審査を受ける
  4. 開店準備を行う
  5. 開店審査を受けたらショップオープン!

Yahoo!ショッピングは法人でなくても、個人事業主であればショップを構えられるのでオリジナルの商品の販売や、店舗運営から業務拡大したいなどの目的にも十分対応できます。

Yahoo!ショッピングによると、出店の申込みから実際にネットショップがオープンするまでの期間は約1か月半です。

出店までの期間 Yahoo!ショッピング
引用:Yahoo!ショッピング出店者ページ

法人と個人事業主で必要な書類なども少し異なるので、あわせてくわしく解説しますよ。

1.Yahoo!ショッピングへの出店に必要な情報や書類を準備する

まずは、Yahoo!ショッピングへ出店を申し込むために必要となる書類や情報を集めましょう。

Yahoo!ショッピングは法人でも個人事業主でも出店できますが、共通して必要な情報は以下のとおりです。

Yahoo!JAPAN ID
Yahoo!JAPANから無料で取得可能
すでに利用しているYahoo!JAPAN IDも利用可能
※ただし使えないYahoo!JAPAN IDもある解説はこちら
クレジットカード情報
法人:法人・代表者・管理者いずれかの名義のもの
個人事業主:代表者名義のもの
会社情報
法人:登記簿謄本記載の会社名・住所、13桁の法人番号
個人事業主:確定申告書に記載した屋号または
Yahoo!ショッピングに出店するストアの屋号
代表者情報
法人:登記簿謄本記載の代表者名
個人事業主:確定申告書に記載の代表者名
銀行口座情報
・法人:企業名をすべて含む銀行口座
または申込みの代表者名義の銀行口座
・個人事業主:申込みの代表者名義の銀行口座
出店予定商材情報
Yahoo!ショッピングで販売する予定の商品を入力
解説はこちら

Yahoo!ショッピングはヤフーが提供するサービスのひとつなので、利用する際も出店する際もまずはYahoo!JAPAN IDを取得しなくてはいけません。

Yahoo!JAPAN IDはYahoo!JAPANのトップページなどから、無料で取得できますよ。

また、Yahoo!ショッピングへの出店申込み後には、本人確認などのために書類の提出も必要になります。

提出する書類は法人・個人事業主で異なるので、以下の表をチェックしてくださいね。

【法人の提出書類】

登記簿謄本
(履歴事項全部証明書)
発行から3か月以内
補足書類
※右のうちいずれか1つ
  • 公共料金の領収書等
    ※発行から3か月以内
  • 国税・地方税の領収証書または納税証明書
  • 青色申告承認申請書(控)
  • 社会保険料の領収書または納入告知書(納付書)
    ※発行から1年以内
  • 管理者情報
    ※右のうちいずれか1つ
  • 管理者の運転免許証
  • 管理者の運転経歴証明書
  • 管理者の在留カード
  • 管理者のマイナンバーカード
  • 【個人事業主の提出書類】

    業務地住所記載の開業届
    発行から2年以内
    補足書類
    ※右のうちいずれか1つ
  • 青色申告承認申請書
  • 賃貸借契約書
    ※発行から2年以内
  • 代表者情報
    ※右のうちいずれか1つ
  • 代表者の運転免許証
  • 代表者の運転経歴証明書
  • 代表者の在留カード
  • 代表者のマイナンバーカード
  • その他、Yahoo!ショッピングで取り扱う予定の商材で、販売時に資格や免許が必要な場合はあわせて記載しましょう。

    販売や資格が必要な商材については、のちほどくわしく解説していますのであわせてチェックしてください。

    2.出店の申込みをする

    必要な情報が揃ったら、Yahoo!ショッピング出店者ページにアクセスして[出店の申込み]をクリックします。

    ヤフーショッピング出店手順
    引用:Yahoo!ショッピング出店者ページ

    手順1で準備しておいた情報を基に、必要事項を入力していきましょう。

    会社情報や代表者情報、クレジットカード情報などを入力したら、売上を受取るための口座情報を登録します。

    入金サイクル- お申し込み情報の入力 - Yahoo! ショッピング
    引用:Yahoo!ショッピング出店者ページ

    売上金を受取る際のサイクルも選択しますが、月2回以上は別途手数料が発生するのでストアが軌道に乗るまでは月1回を選択しておけばいいでしょう。

    また、Yahoo!ショッピングで出店するストアの名前や購入者に公開する連絡先なども入力します。

    ストア情報 - お申し込み情報の入力 - Yahoo! ショッピング
    引用:Yahoo!ショッピング出店者ページ

    すでに他社ECモールなどで既存のネットショップがある場合は、ストア情報の入力画面でURLを記載できますが、注意したい点もあるのでのちほどくわしく解説しますね。

    出店申込み画面で必須となっている部分を埋めたら、入力内容の確認をして完了です。

    3.出店の審査を受ける

    Yahoo!ショッピングへの出店申込みを行ったら、約2週間前後でヤフー側での審査が行われます。

    その間、ヤフーから必要書類の提出に関する連絡や確認のための電話もかかってくることがあるので、確実に連絡が取れるようにしておきましょう。

    Yahoo!ショッピングへ出店できるかは審査の結果にかかってくるので、のちほど解説するヤフーショッピング出店の審査に通るポイントもしっかり理解したうえで臨みましょう。

    4.開店準備を行う

    無事にヤフーの審査が通ったら、早速Yahoo!ショッピングへ出店するストアの準備をしましょう。

    開店準備は出店者の管理画面「ストアクリエイターPro」から行います。

    審査が通ってからヤフーから管理画面の入力方法などが共有されるので、出店申込みをしたYahoo!JAPAN IDでログインしましょう。

    1. 支払い・配送方法・送料の設定
    2. 配送グループの設定
    3. アラート・通知の設定
    4. ストア情報の設定
    5. 会社情報の設定
    6. お買い物ガイドの設定
    7. プライバシーポリシーの設定
    8. ストアトップページ・販売商品の設定
    9. ストアマッチのアカウント設定
    10. テスト注文

    上記の内容を購入者に親切な内容になるよう工夫しながら設定していきましょう。

    また、ストアのデザインや商品情報なども入力しますが、まずはシンプルに必要事項だけを入力するのがおすすめです。

    なぜなら、開店準備完了後にもう一度ヤフーからの開店審査があり、引っかかってしまうとオープンができないからです。

    開店審査が通らなかったときにどこに問題があるのかわかりやすいよう、ひとまず基本的な部分だけを完成させるだけに留めましょう。

    5.開店審査を受けたらショップオープン!

    Yahoo!ショッピングは2回審査があり、開店準備が完了してからもう一度審査を受ける必要があります。

    ヤフーが公表している目安としては、2~5営業日ほどで審査が完了し連絡がきます。

    審査が完了した開店の許可が出た旨、ヤフーから連絡が来た時点でストアは開店しています。

    Yahoo!ショッピング出店の審査に通るポイント

    Yahoo!ショッピングに出店するために、もっとも大切といってもいいのが「審査」です。

    Yahoo!ショッピングに出店の申込みをして、審査に通らなければストアをオープンさせられません。

    さらに、出店申込みの審査に受かったとしても、次は開店準備後の審査があります。

    Yahoo!ショッピングの2回ある審査を通すためのポイントを、以下のとおり解説しましょう。

    Yahoo!ショッピングの審査で注意すべき点を理解しておけば、いざ行動を起こしたときにスムーズに進めますよ。

    出店の申込みをする名義はすべて統一する

    Yahoo!ショッピングの出店申込みをする際に、入力する企業や個人事業主の代表者名、住所、電話番号などはすべて一貫性のあるものにしておきましょう。

    企業ならストアの管理者となる人に確実につながる電話番号を、個人事業主なら開業届に記載の代表者名や住所を入力します。

    また、Yahoo!ショッピングへの出店を機に起業する際も、開業届の名義と出店の管理者の名義は統一しておいてくださいね。

    Yahoo!からの確認の電話にはすぐ対応する

    Yahoo!ショッピングへの出店申込み後、一週間前後を目安にヤフーから確認の電話が入ります。

    ヤフーからの電話に出なかったり、万が一出れなくてもすぐ掛け直さなかったりすると、審査に落ちてしまうので気をつけましょう。

    フリーメールではなくドメインメールを入力して申し込む

    Yahoo!ショッピングへの出店申込み時に、連絡用のメールアドレスを入力します。

    この際、GmailやYahoo!メールなどの無料で作れるフリーメールアドレスだった場合、なりすましや捨てメールアドレスの作成が簡単にできるので信用度が低く、審査に落ちてしまう可能性もあります。

    契約しているインターネット回線のプロバイダで提供しているプロバイダメールアドレスや、会社で取得したドメインのメールアドレスがあればそちらを利用しましょう。

    新しいYahoo!IDで出店の申込みをする

    Yahoo!ショッピングに出店申込みをする際、まずYahoo!JAPAN IDを入力しないと申込み画面へ入れません。

    今まで使っていたYahoo!JAPAN IDを使って申込みもできますが、同じIDで利用したヤフーのサービスでトラブルなどがあると審査が通らないこともあります。

    たとえば、申込みに利用したのと同じYahoo!JAPAN IDで過去に購入や出品をしたヤフオクでの評価が悪かったりすると審査に影響を及ぼす可能性がありますよ。

    少しでも審査に通りやすくするためにも、Yahoo!ショッピングの申込みに使うYahoo!JAPAN IDは新しいものを取得するのがおすすめです。

    Yahoo!プレミアムの会員登録をしておく

    Yahoo!ショッピングを運営するヤフーには、「Yahoo!プレミアム」という優良の会員制度があります。

    「Yahoo!プレミアム」は月額508円でヤフーのサービスを無制限に利用できるなどの特典が受けられます。

    Yahoo!ショッピングで出店申込みをする際に使用したYahoo!JAPAN IDで「Yahoo!プレミアム」に加入しておくと、審査が通りやすくなるという口コミがありました。

    ヤフショは出店審査が面倒。
    まず落ちることが当たり前で複数回申し込むのが前提。
    再度申し込むときは前回と違うメールアドレスでないといけなかたり、Yahoo!プレミアム会員になると審査が通りやすくなったり…
    みたいな情報もあったりする。
    一番厄介なのが本人確認の電話に出られないと審査に落ちる
    たけ@輸入プレイヤー(@yoshihirotake91) -Twitterより引用

    ヤフーにとっては、有料の「Yahoo!プレミアム」に加入している課金会員ということになるため、印象が良くなるということなのではと推測できます。

    ただし、Yahoo!ショッピングの出店者へのよくある質問には「Yahoo!プレミアム会員になる必要はありません」と記載されているので、都市伝説程度の対策として考えましょう。

    資格などが必要な商品は取り扱い商材に含めない

    Yahoo!ショッピングの出店申込みの入力欄には、販売する予定の商材を記載する部分があります。

    取り扱い商材について - お申し込み情報の入力 - Yahoo! ショッピング
    引用:Yahoo!ショッピング出店者ページ

    自由入力欄の別枠に記載されている中古品や医療品、アルコール類などは販売に資格が必要な商材なので、チェックマークをつけて申請すると審査が通らなかったり、必要書類が増えたりしますよ。

    出店申込みの審査時点で申告していない商材はこの先も販売できないわけではないので、メインで販売する予定がない限りは申込み時に記載しないのがおすすめです。

    既存のネットショップがあるなら評価を確認しておく

    もし、Yahoo!ショッピング以外にすでにネットショップを運営しているなら、審査の基準になる可能性もあります。

    とくに、購入者や利用者からの評価や口コミが残る楽天市場やAmazonなどのECモールの場合、評価が低かったり悪い評判があったりすると審査に落ちることもありますよ。

    申込み時に既存のネットショップのURLを入力すべきか、あらかじめ評価や実績を確認しておきましょう。

    少しでも不安が残るなら、既存のストアやホームページを入力する箇所は空白にしておいて構いません。

    Yahoo!ショッピングへの出店でかかる費用一覧

    Yahoo!ショッピングにストアを出店する際、必要になる費用も知っておきましょう。

    まずは一覧表でYahoo!ショッピング出店にかかる費用をまとめたので、ご覧ください。

    初期費用
    0円
    月額システム利用料
    0円
    売上ロイヤルティ
    0円
    ストアポイント原資負担
    売上金の最低1%~
    キャンペーン原資負担
    売上金の最低1.5%~
    アフィリエイトパートナー報酬原資
    売上金の最低1%~
    アフィリエイト手数料
    アフィリエイトパートナー報酬原資の30%

    Yahoo!ショッピングでは通常、ECモールにネットショップを出店する際に発生することもある初期費用や月額料金、売上金に対する販売手数料(ロイヤリティ)が無料です。

    SNS上でも「Yahoo!ショッピングは他社ECモールに比べて利用料が良心的」という良い評判が聞かれました。

    amazonセラー歴がちょうど1年たったところで出品制限がすべて無くなりました!
    厳密には1年ちょうどで解除されたのかはわかりませんが、先日ふと確認したら今まで出来なかったメーカー商品が全部出品できるようになってました
    出品制限で困ってる人も地道に1年間売り続ければ大丈夫ですよ
    笹川純一(DTPオペ→ウェブ制作・EC運営担当)(@jdash2000)-Twitterより引用

    Yahoo!ショッピングでは商品が売れた場合のみ、以下の4つの費用が売上金から差し引かれます。

    それぞれ何に必要な費用なのか、もし1,100円を売り上げた場合に費用はいくらかかるのか、くわしく解説していきますよ。

    ストアポイント原資負担

    ストアポイント原資負担

    • 商品の購入者に付与されるPayPayポイントの原資①
    • 販売価格(税込)の最低1%~
      1,100円の場合:11円~
    • 任意で最大15%まで

    Yahoo!ショッピングでお買い物をすると、購入者にはPayPayポイントが購入価格に応じて付与されます。

    PayPayポイント付与分の費用はヤフーも負担しますが、ストアも販売価格の最低1%を負担しなければいけません。

    引用:Yahoo!ショッピング出店者ページ

    オンラインショップだけでなく、日常生活のお買い物でも使いやすいPayPayポイントが付与されるからYahoo!ショッピングを使うという方もいるので、ストア負担分を差し引かれたとしても集客力を考えるとプラスだと捉えましょう。

    キャンペーン原資負担

    キャンペーン原資充当分

    • 商品の購入者に付与されるPayPayポイントの原資②
    • 販売価格(税込)の1.5%
      1,100円の場合:16.5円

    キャンペーン原資充当分は、ヤフーが行うPayPayポイントなどのキャンペーンに対する負担金です。

    販売価格(税込)の1.5%が負担額になり、ストアポイント原資負担とあわせて合計2.5%がPayPayポイントなどに充てられるイメージです。

    Yahoo!ショッピングではさまざまなキャンペーンを実施しており、利用者の購買意欲を高めるイベントが盛んに行われています。

    キャンペーンなど - Yahoo!ショッピング
    引用:Yahoo!ショッピング出店者ページ

    キャンペーンに対する負担金は発生しますが、その分幅広いターゲット層にアプローチできるのがYahoo!ショッピングに出店する魅力ともいえるでしょう。

    アフィリエイトパートナー報酬原資

    アフィリエイトパートナー報酬原資

    • アフィリエイト経由で購入された場合に支払う成功報酬
    • 販売価格(税抜)の最低1%~
      1,100円の場合:10円
    • 任意で最大50%まで

    Yahoo!ショッピングでは他サイトからの集客を目的に、成功報酬型のアフィリエイトリンクを用意しています。

    Yahoo!ショッピング以外のサイトやブログで消費者が商品を見て、アフィリエイトリンクから購入した場合にのみ、「アフィリエイトパートナー報酬原資」が発生しますよ。

    アフィリエイトリンク ヤフーショッピング
    引用:Yahoo!ショッピング出店者ページ

    アフィリエイトリンクから商品が購入された場合、アフィリエイトリンクを設置したサイトやブログの運営者に報酬が支払われ、ストアも報酬原資を負担します。

    ちなみに、「ストアポイント原資負担」や「キャンペーン原資負担」は税込の販売価格から計算されますが、「アフィリエイトパートナー報酬原資」は税抜きの価格から計算されることも理解しておきましょう。

    アフィリエイト手数料

    アフィリエイト手数料

    • アフィリエイト経由で購入された場合に支払う手数料
    • アフィリエイトパートナー報酬原資の30%
      1,100円の場合:3円
    • 任意で最大16%まで

    商品がアフィリエイトリンクから購入された場合に他社サイトやブログの運営者に支払われるのが「アフィリエイトパートナー報酬原資」ですが、「アフィリエイト手数料」はアフィリエイトリンクを用意するバリューコマース社に支払う手数料です。

    アフィリエイト手数料は商品の販売価格ではなく、アフィリエイトパートナー報酬原資から30%にあたる額が計算されますよ。

    Yahoo!ショッピングに出店するメリット

    Yahoo!ショッピングに出店するメリットを、おさらいしていきましょう。

    Yahoo!ショッピングへの出店を迷っている方は、自分にとってのメリットが大きいか考えながら読んでみてくださいね。

    初めてでも安心!サポートが手厚い

    Yahoo!ショッピングでは、初めてネットショップをオープンさせる会社や個人事業主の方にも安心のサポートやサービスを用意しています。

    出店申込み前ユーザーを対象にした専用の問い合わせフォームや、出店者を対象にした電話相談窓口などが利用できます。

    また、Yahoo!ショッピングと連携してストアページの構築などを代行してくれる業者を集めた「Yahoo!JAPANコマースパートナーマーケットプレイス」も便利です。

    Yahoo! JAPAN コマースパートナー マーケットプレイス
    引用:Yahoo!JAPANコマースパートナーマーケットプレイス

    素敵なショップページを作りたいけどスキルも時間もないという方は、利用してみてはいかがでしょうか。

    ソフトバンク・PayPay・LINEユーザーからも集客が見込める

    Yahoo!ショッピングはグループ企業のサービスであるソフトバンクやLINE、PayPayなどからも集客が見込めるキャンペーンを、大々的に行っているのも特徴です。

    たとえば、Yahoo!ショッピングでお買い物をしてPayPayで決済するといつでも5%のポイントが付与され、さらにソフトバンクやワイモバイルユーザーなら最大7%も還元されます。

    PayPay支払いで毎日5_貯まる - Yahoo!ショッピング
    引用:Yahoo!ショッピング

    また、LINEと連携してYahoo!ショッピングで使えるクーポンが配布できたり、Yahoo!ショッピングの店舗をLINEの友だち追加することでPayPayポイントがもらえるくじが引けたりと、関連サービス間での集客は他社ECモールと比べても群を抜いていますよ。

    Yahoo!ショッピングの多方面からの集客を見込める取り組みで、あなたのストアもより多くのお客さんに見つけてもらえることでしょう。

    知名度の高いYahoo!のトップページに表示される

    Yahoo!ショッピングは毎月8,600万人が訪問するYahoo!JAPANのサイトのトップページから、簡単にアクセスができます。

    集客力ーヤフーショッピング
    引用:Yahoo!ショッピング出店者ページ

    自社ECサイトだけでオンラインショップを運営している場合、お客さんが検索してくれるまで基本的に待つしかありません。

    しかし、Yahoo!ショッピングなら日本最大級の検索エンジンのトップページからお客さんが訪問してくるので、より多くの人に訴求できるチャンスがありますよ。

    外部リンクの貼り付けも可能

    Yahoo!ショッピングでは、他社ECモールで禁止事項となっていることも多い外部リンクの貼り付けも可能です。

    外部リンクの効果的な使い方としては、ストアページに自社サイトへのリンクを貼り付けて誘導することでさらにブランドへの理解を深めてもらったり、魅力を伝えたりできます。

    また、自社のSNSへのリンクでフォロワー数のアップも狙え、継続的にお客さんとつながることもできますよ。

    マイナビD2Cでは自社ECサイト構築のサポートも行っており、Yahoo!ショッピングと連動してECサイトを運営する取り組みも実現可能ですよ。

    Yahoo!ショッピングに出店するデメリット

    Yahoo!ショッピングは初期費用が無料だったり連携したサービスからの集客が見込めなどのメリットもありますが、出店時は注意すべきポイントもいくつかあります。

    実際に出店を申し込む前に、デメリットもしっかり目を通しておいてくださいね。

    個人事業主以外は個人での出店ができない

    2019年6月30日まで、開業届を出していない個人の方でもYahoo!ショッピングに出店が可能でした。

    しかし、現在は開業届を出した個人事業主しか、Yahoo!ショッピングへの個人出店は認められていません。

    個人で商品を販売したいなら、まずは開業届を出して個人事業主として申込みましょう。

    また、個人事業主として起業するつもりが現時点でないのなら、個人として商品を出品できるヤフオク!やメルカリなどのフリマアプリを利用するといいですよ。

    【あわせて読みたい】

    出店料無料でも必須で支払う手数料がある

    Yahoo!ショッピングは出店料無料なので、ネットショップの開設自体にはお金がかかりません。

    ただし、商品を売り上げた場合は「ストアポイント原資負担」と「キャンペーン原資負担」を手数料として支払わなければいけません。

    また、外部サイトなどに貼られたアフィリエイトリンクから商品が購入された場合は、「アフィリエイトパートナー報酬原資」と「アフィリエイト手数料」もあわせて支払う必要がありますよ。

    料金・費用-ネットショップ開業ならヤフーショッピング
    引用:Yahoo!ショッピング出店者ページ

    Yahoo!ショッピングで発生する費用についてはこちらの項目で解説しているので、チェックしておいてくださいね。

    Yahoo!ショッピングへ出店しているライバルが多い

    Yahoo!ショッピングは国内でも有数のECモールなので、出店しているストアの数は2022年時点で120万店舗以上といわれています。

    つまり、たくさんのネットショップの中で同じような商品を販売する場合、ライバルが多くお客さんに見つけてもらいにくかったり、価格競争が激しくなったりしますよ。

    Yahoo!ショッピングでは商品の検索画面で価格が安い順に並び替えることもできるので、最安値のショップが選ばれやすくなります。

    自社ECサイトなら価格競争がなく、オリジナル商品やブランドの力をより深く伝えることができるので、Yahoo!ショッピングへのテナント出店とあわせて運用するのもおすすめですよ。

    Yahoo!ショッピング出店の審査に落ちた場合の対処法

    Yahoo!ショッピングの出店申込みの審査は入力内容などに不備がなければ難しいものではありませんが、SNS上にはいくつか「審査に落ちてしまった」という声も上がっていました。

    Yahooショッピングの審査5回目落ち
    若かりしころ、ソフトバンク携帯を延滞したのが原因か、はたまたヤフオクから仕入れてるのが原因か
    ヤフショの審査担当者、優秀すぎ
    ピノ@Amazon×ebayの二刀流(@Te9zuHrwimqAs0a)-Twitterより引用

    個人事業主時代に何回も審査落ちしたyahooショッピングの審査が通ったの、普通に嬉しいワネ
    2929おじさん(@2929ojisan) - Twitterより引用

    もし、Yahoo!ショッピングの出店審査で落ちてしまったら、以下のポイントも確認してみましょう。

    さらにくわしく、Yahoo!ショッピングの申込みで審査落ちした場合の対策を解説します。

    情報に不備がないか確認して再度申し込む

    Yahoo!ショッピングの出店申込みで一度審査に落ちてしまったとしても、何度でも再申込みはできます。

    審査が落ちた理由は基本的に出店申込みの段階では教えてもらえないとのことですが、氏名や住所の間違い、入力漏れなどのケアレスミスが原因の可能性もあります。

    入力すべき情報に誤りや不備がないか、もう一度しっかり確認しながら申込みをしてみましょう。

    とくに住所は番地を「◎―△」ではなく「◎番△号」と登記通りに記載する、部屋番号までしっかりと入力するなどの工夫をしてみましょう。

    Yahoo!JAPAN IDを再取得して申し込む

    Yahoo!ショッピングの出店申込みに必要なYahoo!JAPAN IDですが、以下に当てはまる場合は既存のIDを利用できません。

    • ヤフオク!ストアで使用しているYahoo! JAPAN ID
    • 法人管理者ではないYahoo! JAPANビジネスIDと連携しているYahoo! JAPAN ID

    上記のYahoo!JAPAN IDを使って申し込んだ場合は審査に通らないので、再取得をしたうえで新しいIDから申込みをしましょう。

    代表者を変更して再度申し込む

    Yahoo!ショッピングでは出店を申し込んだ会社や代表者の信用情報もチェックしているといわれています。

    信用情報とはこれまでのローンやクレジットカードの支払い状況や契約などの取引情報の経歴のことで、支払いの延滞や携帯電話契約の強制解約などの過去があれば事故情報(ブラックリスト)として残ります。

    心当たりがあるのなら、申込みの代表者名を変更して再度申請してみましょう。

    ただし、Yahoo!ショッピングの申込み時には登記簿謄本や開業届に記載されている代表者情報が必要なので、会社の登記や個人事業主は開業届自体を変更しなければいけなくなります。

    どうしても落ちる時はコンサルタントなどプロに依頼する

    どうしてもYahoo!ショッピングの出店審査に落ちてしまう場合は、費用が発生しますが出店の相談できたり出店サポートが受けられたりするプロに頼むのも方法のひとつです。

    マイナビD2CではECサイトやオンラインショップの出店を目指す方をサポートするサービスを提供していますので、チェックしてみてくださいね。

    Yahoo!ショッピングの出店に関するQ&A

    Yahoo!ショッピングに出店をお考えの方に向けて、よくある質問をまとめたので答えていきましょう。

    Yahoo!ショッピングの出店に疑問や気になる点があるなら、ぜひチェックしてくださいね。

    Yahoo!ショッピングの出店はおすすめ?

    Yahoo!ショッピングへのストア出店は、主に以下のメリットがあります。

    Yahoo!ショッピングへ出店するメリットはこちらの項目でさらにくわしく解説しているので、参考にしてくださいね。

    Yahoo!ショッピングの出店手順は?

    Yahoo!ショッピングには法人または個人事業主がストアを出店できます。

    Yahoo!ショッピングに出店する手順も以下のとおり紹介していますよ。

    1. Yahoo!ショッピングへの出店に必要な情報や書類を準備する
    2. 出店の申込みをする
    3. 出店の審査を受ける
    4. 開店準備を行う
    5. 開店審査を受けたらショップオープン!

    くわしくはこちらの項目で必要な書類やポイントを解説しているので、ぜひご覧ください。

    Yahoo!ショッピングの出店審査って厳しい?

    Yahoo!ショッピングには出店申込み時と開店準備後の2回、審査があります。

    審査に通らないとまずストアをオープンさせられませんが、以下のポイントを踏まえた上で挑めば基本的に問題ありませんよ。

    くわしくはこちらの項目で解説しているので、目を通しておいてくださいね。

    Yahoo!ショッピングへの出店で必要な費用は?

    Yahoo!ショッピングでは初期費用や月額システム利用料、売上ロイヤリティは完全無料です。

    ただし、商品が売れた場合は以下の費用が発生しますよ。

    Yahoo!ショッピングで必要な費用についてはこちらの項目で解説しているので、参考にしてください。

    Yahoo!ショッピングの出店で注意点は?

    Yahoo!ショッピングへの出品を検討する際、知っておいてほしい注意点としては以下の3つが挙げられます。

    くわしくはヤフーショッピングに出店するデメリットで解説しているので、Yahoo!ショッピングへの出店がベストな選択なのか考えてみてくださいね。

    Yahoo!ショッピングへの出店をやめたいときは?

    Yahoo!ショッピングへの出店後に何らかの理由でストアを閉店したい場合は、解約希望月の前月末日までに「解約手続き申請フォーム」から申請できます。

    手続き後は解約したい月の末日でストアは閉店となりますよ。

    まとめ

    Yahoo!ショッピングは初期費用や月額料金が不要で、法人もしくは個人事業主なら気軽に出店ができます。

    今回はYahoo!ショッピングへ出店する手順を、以下のとおり解説しました。

    1. Yahoo!ショッピングへの出店に必要な情報や書類を準備する
    2. 出店の申込みをする
    3. 出店の審査を受ける
    4. 開店準備を行う
    5. 開店審査を受けたらショップオープン!

    ただし、Yahoo!ショッピングには2回の審査があり、審査に通らなければストアがオープンできません。

    Yahoo!ショッピングの審査を通すポイントや、万が一審査に落ちてしまったときの対処法も紹介したので、チェックしたうえで申込み手続きを行いましょう。

    また、Yahoo!ショッピングへ出店するメリットとデメリットも以下のとおりまとめています。

    Yahoo!ショッピングではストアページに外部リンクを貼ることも可能なので、自社ECサイトを併用して運用するのもおすすめですよ。

    マイナビD2Cでは自社ECサイト作成のサポートも行っていますので、あわせてチェックしてみてくださいね。

    参考サイト

  • Yahoo!ショッピング
  • 人気記事

    PICK UP

    注目のキーワード

    OUR SERVICE

    サービス紹介

    shopify partners

    ShopifyスペシャリストによるECサイト構築からユーザー動向のリサーチ、
    SNSを活用した露出・販促活動のバックアップまで、お客様と売れるECサイトに育てていきます。

    • ECサイト制作

      世界No.1のECプラットフォーム「Shopify」認定のパートナー企業が徹底サポート。

    • コンサルティング

      データを活用し、売上最大化のためのアクションが途切れない活発なショップへ。

    • 物流支援

      物流システム(WMS)・発送業務を得意とする倉庫の選定など、安心・安全な物流フローを 構築。

    • 広告運用・CS代行

      なかなかリソースを割けない広告運用やカスタマーサポートを支援し、ケアの行き届いたサ ービスを実現。

    詳細を見る

    CLIENT WORKS

    事例紹介

    抱える課題が違えば、適切なソリューションはそれぞれ異なります。
    多くの企業様と様々なメディアの成長を見守ってきたノウハウが、私達の財産です。

    株式会社イルムスジャパン 様

    手がける幅広いブランドを1つのショップに集約し、購入導線を整備することでクロスセルの拡大を実現。

    ECサイト

    株式会社クラダシ 様

    定期便購入ユーザーのマイページを独自にカスタマイズし、チャーンの低下やアップセル拡大を実現。

    ECサイト

    株式会社Beautydoors 様

    ゆうこす氏のプロテイン定期販売ストア。HBの定期購買アプリを活用した継続的なマーケティングを実現。

    ECサイト

    事例一覧を見る

    PACKAGE PLAN

    料金プラン

    • ライトプラン

      PRICE

      ¥600,000~

      テンプレートを利用し、最小限の機能でスピーディーにECショップを構築いたします。

    • スタンダードプラン

      PRICE

      ¥1,200,000~

      テンプレートデザインのカスタマイズやSNS連携など、基本機能を網羅したプランです。

    • プロフェッショナルプラン

      PRICE

      ¥2,500,000~

      ユニークデザインでショップを構築し、機能選定の自由度も高い最上位のプランです。

    各プランの詳細な対応・
    サポート内容に関してはお問い合わせください。

    CONTACT

    資料請求・お問い合わせ

    デジタルソリューションを導入したいが何から始めたら良いか分からない。
    既存のメディアをもっと有効に活用し、成長させたい。
    自社にリソースがなく、導入から運用までアウトソーシングしたい。

    上記のようなお悩みレベルのご相談がある企業様、課題を探すところから
    サポートが必要な企業様もぜひお気軽にお問い合わせください。